homepage background

高度なトラッキング技術と、
直感的な操作デバイスにより
仮想空間(VR)の世界をリアルに映し出す

3次元立体視ディスプレイ

zSpace perception

高速なトラッキング技術

zSpace look around

洗練された入力デバイス

zSpace kinethetic
zSpace laptop

3次元立体視ディスプレイは 3D偏光グラスの動きをとらえ、目の前に実物のようなVR空間を映し出します。 視覚角度を探知するセンサーが、自然な人の動きを適切にキャッチし、 今までにないリアルな仮想体験をすることができるのです。

・高精細画像によるリアルなVR空間の表示
・動体視差(Motion parallax)搭載でユーザーの動きにあわせた自然な映像
・物体をさまざまな角度から探索、 回したり裏返しにしたり、内部構造の把握も自由自在

zSpace technology

非常に軽量な3D偏光グラスを装着して操作をします。 ヘッドマウント型(HMD)とは異なり、実際の視界を完全にさえぎることなく 自然な状態で操作ができるので、長時間の利用でも首の疲れなど全く感じません。

・他のVR機器の追随を許さない高速なトラッキングシステム
・不自然な動きからくる3次元酔い,VR酔いのない映像表現

zSpace technology
zSpace technology

操作はマウスではなく、専用のスタイラスを使用します。 6自由度で設計され、操作がとても容易で 思い通りに自分の感覚を伝えることができます。

・2次元では理解することが難しい複雑な形状や動きの表示を360度好きな角度で自由に
・拡大・縮小、断面など直感的な操作で空間の物体を自由自在に操作
・スタイラスだからできる掴む、離す、回すなどの動作で探索も容易

zSpaceの大きな特長のひとつが複数人での同時利用が可能な点です。
視界を完全にさえぎるヘッドマウント型などとは違い、 専用グラスをつけることで1つのディスプレイを複数人で利用することができます。

・コミュニケーションに優れたVRシステムでビジネス利用に最適
・zViewアプリケーションを活用すれば、外部モニターに 3次元の物体を表示し、専用グラス不要で共有が可能に

zSpace technology
zSpace technology

小中高等学校では日本で初となった導入事例の紹介です。 zSpace AIO Pro を9台使い、その最新の学習を参加者は体験。 参加者は皆、これまで一度も体験したことのないAR/VRの世界に驚き、大変関心を寄せていました。

事例:花園中学高等学校がzSaceを導入

zSpace200をご利用のお客様へご案内 富士通株式会社経由でzSpace 200を購入されたお客様は株式会社富士通アドバンストエンジニアリング(以下FAE)が1次サポートを行います。
zSpaceのサポートに関するお問い合わせ先は「 富士通株式会社経由でzSpaceをご購入されたお客様へのサポートに関するご案内」 をご確認ください。
またzSpaceの各ユーティリティはダウンロードサイトより入手ができます。 それ以外の各サポート情報は米国zSpaceのサポートサイトをご覧ください。

多様なアプリケーションが
用意されています。

zSpaceを実際に
体感することができます。

Webフォームより
お問い合わせください。

zSpace お問い合わせフォーム

×