zSpace Japan  /  Hot Topics Home


VR解剖学研究室がトルコで開設

VR解剖学研究室がトルコで開設

TOBB経済技術大学(トルコ・アンカラ) で先ごろ、バーチャル・リアリティ(VR)を活用した解剖学研究室が開設されました。 この研究室(ラボ)の特徴は、トルコ初となるzSpaceのテクノロジーの活用です。

同大学の医学部は新設されて間もないことから、すべての教育活動に最先端のテクノロジーを活用することを目指しています。
同学部ではトルコ有数の遺体解剖を行う訓練センターを擁しており、従来の遺体解剖やプラスティネーション(標本作成)、 高品質モデル(ソムソ模型など)を使った教育が行われています。

このたび同大学において、zSpaceのバーチャル・リアリティを 活用した解剖学研究室が新設されました。
zSpaceで解剖学を直観的に学べる研究室は、外科研修医だけではなく、 幼児から高校生まで、幅広い学生の利用に門戸を開いています。

「この研究室はトルコを代表するVR解剖学研究室になるでしょう。学生や研修医は実際の解剖を行う前にzSpace Systemを利用できます。 これにより、人体の3D組織に関する理解が深まるものと考えています」と、解剖学准教授のSelcuk Tunali医学博士は述べています。

TOBB経済技術大学は、新しいVR解剖学研究室を活用して、医学部の学生をはじめ、トルコや他の国の医科大学の学部に この新しい教育テクノロジーを紹介する会合やワークショップの開催を計画しています。

zSpaceを活用している世界中の研究室の所在地については、こちらの zSpace 事例一覧(英語版)ご覧ください。



Tags:
医療
  
VR
  
事例
  
解剖学
  
cte
  
テクノロジー
  

zSpace お問い合わせフォーム

×