zSpace Japan  /  Hot Topics Home


zSpaceが外科手術をサポート

zSpaceが外科手術をサポート

日本でも主な死因のひとつである心臓の病。米国でも男性・女性にかかわらず主要な死因のひとつで毎年多くの方が亡くなっています。

スタンフォード大学の小児心臓外科に導入されたzSpaceが成果を上げております。

心臓外科手術のシミュレーションに、よりリアルなヴァーチャルリアリティツールを使うことにより、困難と思われていた手術が可能となり、通常は6インチ必要な切開を2.5インチで手術を行うことができました。

切開が小さくなるということは、手術後の痛みが少なくなるというだけではなく、感染などの合併症のリスクが低くすることにつながります。

スタンフォード大学の小児心臓外科である前田克英医師のコメントとともに、zSpaceが活用されている映像が記事内でご覧いただけます(英語)。
スタンフォード大学小児心臓外科の事例紹介(英語版)

ユーザの目と頭の動きを精緻にトラッキングして、ほとんど時差なく投影することができる、運動視差(Motion Parallax)技術。zSpaceの卓越したテクノロジーが、医療現場における新たな体験の実現を支えています。

zSpaceの業界向けソリューションはこちらのサイトをご参照ください。



Tags:
慢性外傷性脳症
  
技術教育課程
  
医療技術
  
医学
  
ハンズオンラーニング
  
教育技術
  


zSpace お問い合わせフォーム

×