zSpace Japan  /  Hot Topics Home

zSpaceの考える医療の将来

スタンフォード大学の小児科心臓外科でのzSpace導入事例です。

米国では、毎年2月を心臓健康月間(Heart Health Month)としており、
人々の心臓の病に対する意識を高めるだけでなく、
ご自宅や地域社会での対処方法などを多く紹介しています。

小児心臓病の専門医であるKavin Desai医師と、zSpace社のエリザベル・ライトエルが今後の医療について対談をいたしました。

エリザベル・ライトエルは、NHKのクローズアップ現代でも、最新の教育ツールとしてzSpaceを紹介した教育市場の担当部長です。
対談の内容はこちらになります(英語)。
Kavin Desai医師との対談(英語版)

対談のなかでKavin Desai医師は、心臓に病を持つ子どもたちにzSpaceを利用た心臓教育プログラムを実施し、
心臓がどのように組み合わされて機能し、どのように血液が流れ、そして子供たちの特定の欠点が正常な心臓の機能に対してどうなのかを
視覚化して伝えている、と説明しています。

教育プログラムのなかでzSpaceがどのように利用されているかこのビデオをご覧ください(英語)。
教育プログラムについてのビデオ(英語版)
 
  心臓に病を持つ子どもたちに教育プログラムを実施しているキャンプについてはこちらです(英語)。
心臓に病を持つ子どもたちのキャンプ(英語版)

ユーザの目と頭の動きを精緻にトラッキングして、ほとんど 時差なく投影することができる、 運動視差(Motion Parallax)技術。 zSpaceの卓越したテクノロジーは、パートナーの皆様と共により進化していきます。

zSpaceのアプリケーションはこちらのサイトをご参照ください。

zSpace お問い合わせフォーム

×