zSpace Japan  /  Hot Topics Home


東京大学との共同開発

東京大学との共同開発

東京大学の研究グループとzSpaceは、3Dディスプレィに表示した仮想物体を、まるで手でつかむようにして操作できるシステムを共同開発しました。

東京大学の研究室で開発された、高速3次元ジェスチャー認識技術によって、ユーザーの手の形と3次元位置を高速で認識し、その情報をzSpaceに送ることでディスプレイに仮想の物体がまるで本物のように表示されるのです。

一体どんなシステムなのか、その概要はこちらの動画でご覧ください。

東京大学とzSpace

High Speed Gesture Recognition for zSpace 3D Display

ユーザの目と頭の動きを精緻にトラッキングして、ほとんど 時差なく投影することができる、 運動視差(Motion Parallax)技術。zSpaceの卓越したテクノロジーが、 新しい技術の創造へとつながっていきます。

zSpace、zViewの製品情報はこちらのサイト をご参照ください。



Tags:
東京大学
  
共同開発
  
3Dディスプレー
  
教育技術
  
VRテクノロジー
  


zSpace お問い合わせフォーム

×